ヒプノセラピー

ヒプノセラピーのモニター募集要項です

更新日:

さて、去年ヒプノセラピー養成講座を受けてかれこれ5か月ほどたちました。

先日こちらで、記載しました通り、本当に自分の内的な部分ではありますが、変化を感じることができるようになってきまして、自分でもセラピストなんてそんなしっかりしたものではないのですが、ヒプノセラピーをもっと活用できるようになったらいいな、と思うようになりました。

 

ヒプノセラピー養成講座終了後の変化はあったのかな??

去年に受けた「ヒプノセラピー養成講座」 だいたい5か月ほどたったのですが、少しずつ自分の中で分かるような形で変化を感じているので、こちらにまとめようと思います。 これからヒプノを受けようかと思っている ...

続きを見る

 

ただ、もう少し練習が必要かな、という気がしますので、今回モニターになってくださる方を募集したいと思います。

でも急にモニターといってもヒプノセラピーをあまりよく知らないという方もいらっしゃるかもしれませんので、こちらで少し説明させていただこうと思います。

 

 

そもそもヒプノセラピーって??

 

 

私の場合は、「ヒプノセラピー養成講座」を受けた人が、ハピソで目の前をうろうろしていたので、ヒプノセラピーというものが一体どんなものなのか、何となくの感じが分かりますが、身近でこういう体験をしている人がいないとなかなかわかりづらいと思います。

 

「ヒプノセラピー」というキーワードをwikiで打ちますと、催眠療法に送られるようになっています。なので、催眠療法の項目を見ますと、

催眠療法(さいみんりょうほう、英語: hypnotherapy)とは、催眠を用いる補完・代替医療の一種である。被暗示性亢進を中心に、催眠現象が持つ様々な生理的・心理的特性を利用し、多様な治療が行われる。心身の回復、同化の促進、緊張の解放、不安感情の低下などが期待され、心理的興奮やストレスが関わる心身症、身体疾患や医学的処置の苦痛など精神科リエゾンの領域でも利用される。自己洞察や行動変容の促進にも用いられる。

様々な用途に用いられているが、研究の品質は低く、有効性を判断することが難しい。近年のいくつかのメタアナリシスとシステマティックレビューによると、有効性は確認されていない、証拠がない、または証拠不十分である

wikiより

 

催眠とかかれているので、あの5円玉を取り出して振り子のようにふるものをイメージされる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、そのようなものではなく、実際は心理療法として、現在広く利用されている療法になります。

私はワイズ博士の前世療法という本ではじめてヒプノセラピーというものがあるということを知りました。

 

そして、さて、5円玉で人を催眠にかけ、自分の思い通りにするというような、どこかにありそうな話でないとしたら、ヒプノセラピーというものがどういったものになるのか、といいますと

 

呼吸やセラピストの誘導などにより、

普段の生活で一般的に使われているといわれている顕在意識の力を緩め、

潜在意識をにつながりやすい状態に誘導することで、

 

 

○自分でも気づかなかったような思いや、望んでいること、もしくは

 

○長年何をしても解決しなかった問題に対し、今までとは違うアプローチができるようになったり

 

○自分自身ですら気づかなかった抑圧や制限などに気が付ける

 

などの効果が得られるようになる可能性のあるセラピーになります。(ほかにもいろいろな効果がありますが、もちろんこういったことを確約するわけではありません。)

心の傷というのは、すり傷などのように目に見えにくいものなので、自分でも知らないうちにため込んでいる可能性があります。

といいますか、今までの人生の中でそのようにしてためてきたものを皆さんお持ちだと思います。
(もちろんお持ちでない方もいらっしゃるかもしれません)

 

ものすごくつらい状況でどうにもならない!!というような状態ではなかったとしても

 

何となく生きづらい

 

あれ?以前はこんなではなかったような

 

のようなちょっとした違和感のようなものを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ヒプノセラピーは、

 

自分とつながるためのツールの一つ

 

として私は認識しています。普段の生活の中ではなかなかわかりづらい潜在意識の部分を垣間見るような作業というか。

そんな、何か自分がずれてきていると感じたり、そもそも感じられなくなってしまった時などに、ヒプノセラピーを通して、自分につながっていくというような体験ができるかもしれません。

 

とはいっても、潜在意識という、これまた目に見えるようなものではないため、そんなものないと思われる方もいらっしゃると思いますし、実際ないのかもしれません。そういったことも十分に考えられます。

ただ、こういったことに全然興味のなく、仕事一筋、そんなふわふわなこと言ってて何になるの??みたいな方でも、仕事にものすごく集中して、もう本当にいっぱいいっぱいになって、もうどうしようもないほど追い込まれて、でもそれに立ち向かっていたとき、ふと、本当にふとなにか自分の頭では思いもつかないようなアイデアが沸いてきたりすることがあるんだそうです。(おそらく)著名な方の記事だったと思うですが、その方の話ですと、自分の頭から出てきたアイデアではあるものの、自分が作り出したとは到底思えないようなものが、突然湧き上がってきたりすることがあるんだそうです。そして、そのときにはこう思うそうです。

 

ヤツが来た、と。

 

つまり自分ではない何か、がやってきて渡していってくれたもの、のように感じるのだそうです。そんな記事を以前読んだことがあります。

それが潜在意識なのか、神なのか、はたまた宇宙人なのか(笑)、なんなのかはわかりませんが、自分の力とはちょっと思えないようなものから何らかのメッセージのようなものを受けとったとき、人の心を震わせるような素晴らしいものを生み出すことができることもあるようです。

 

例えばそういったものを生み出すことができる力の一つに潜在意識があるのだとしたら、その意識の中をさぐって見ることで、今までの自分では気づかなかったようなものに出会えるようになるかもしれません。

 

 

実は日常生活の中でも催眠状態になっていることも( *´艸`)

 

催眠と聞くと、何か本当に特別なことのように感じたり、何か怪しい感じがあるかもしれないのですが、実は私たちは日常生活の中でも普通に催眠状態を体験しているのです。たとえば

 

朝起きて、ぼんやりしているとき

テレビや本などを読んでいて、その世界に没頭しているとき

何か無意識でルーティングワークをしているとき

 

など、はっきりとした意識で行動していない時に催眠状態に入っているといわれています。

よく言われるのが、

 

 

車の運転をしているときに、なんとなくぼんやり運転していて、気が付いたら会社についていた

 

 

みたいなやつです。

(多分)信号無視もしていないし、人がいるか(多分)気を付けていたと思いますが、気が付いたらもう会社の近くまで来ていたとか言われたりするあれです。会社までとは言わなくても、気が付いたら信号をもう3つくらいこえていて、

 

あれ??いつここまできたっけ??

 

 

みたいなことがあったりしたことなんかありませんか?

そんな時は軽い催眠状態に入っているようです。なので、すごく怪しいというものではないので、安心してください。

セラピー中(つまり催眠中)も、よっぽどでない限り、自分の意識がなくなってしまうようなことはなく、むしろ

 

 

こんなことが浮かんだけど、私の思い違いじゃないか、とか

 

こんなこと言っちゃったら私、恥ずかしくない??

 

 

など、みなさん顕在意識バリバリ発揮してます( *´艸`)

 

何となくまどろんでいるというような感じですので、コントロールされるようなことはないですし、自分の意識もある程度あるので、自分が言いたくないと思うようなことは言わなくてかまいません。

 

 

・・・・少し安心できますかね??

 

 

ヒプノセラピーの目的

 

呼吸やセラピストの誘導で催眠状態に入り、何か自分のような自分でないようなものに出会うことを通し、上記に記載したような、

 

○自分でも気づかなかったような思いや、望んでいること、もしくは、

○長年何をしても解決しなかった問題に対し、今までとは違うアプローチができるようになったり

○自分自身ですら気づかなかった抑圧や制限などに気が付き、それを外していく

 

といったようなことが目的として挙げられたりしますが、ほかにも

 

○仕事の面でどうやって行ったらいいか具体的なアドバイスを得る

 

といった現実面での仕事にすぐ生かせるようなものから、よく言われたりする

 

 

○前世の記憶にアクセスする

 

 

といったことを体験される方もいらっしゃいます。

 

これは上に紹介したワイズ博士も、誘導に制限をかけなかったところ、クライアントが前世の記憶までさかのぼってしまったことから、

 

・・・・・これは・・・・なんだ??

 

というようなことになり、本に書かれているような内容の研究が行われたわけですが、場合によってはそういったものも見えたり、感じたりする場合もあります。

 

ちなみに、私は前世なのかどうか、自分では判断がつかないですが、こちらなんかはおそらく前世の記憶だろうとくにこさんはおっしゃっていました。

 

ヒプノセラピー養成講座 私的クライマックスな出来事

一連のヒプノセラピーの記事はこちらです。 そんなわけで最終日5日目の話です。 とはいっても正直、この日のセッションの記憶はちょっと曖昧であったりします。 それだけ深く入っていたということらしいのですが ...

続きを見る

 

でもこんなことは、くにこさんが本気でとりかからなければおこりませんのでご安心ください( *´艸`)

 

ほかにも、自分では昔すぎて全然記憶にも残ってなかったけど、セラピーをしているときにはっ!と思いだし、もう悲しくてしょうがなくなった。そういえばあの時そんなこと思っていた。

 

とその時の感情をありありと思い出してしまったときなどは、それを感じ切り、手放していくといった作業をセラピーの中でさせていただくようなこともあります。

 

なんか、こんまりさんのお掃除みたいな感じですかね。

気づかない間に心の中にひっそりとたまっていったものなんかを、お掃除するような感じで、

 

これはときめく、これはときめかない

 

とチェックしたり、

 

これはときめかないからときめくものにちょっと変えてみよう

 

みたいな感じで、変化させていったりします。

 

 

 

そして、そういったセラピーをすることを目的としたモニターさんを募集します、というわけです(`・ω・´)ゞ

 

 

セラピーの金額や時間など具体的な内容はこちらです。

 

ハピソの中でもセラピストをしている方が多くいますが、今回の私の場合、モニターという形での募集では

 

無料で5名させていただけたらな、と思っております。

 

それから時間ですが、これは私の特質上すみません・・・ちょっとお時間がかかることが多く、余裕をもって3時間ほど必要になることが多いようです。

特に初めての方は時間がかかる傾向にあります。

催眠の状態に入っているのはだいたい1時間くらいと特別長いわけではないのでご安心ください。(要するに話を聞く時間が長い)

また、方法ですが、基本オンラインでさせていただいております。

セラピーを受ける時間は平日でご都合を合わせていく予定です。

それから、ヒプノセラピーを受けた感想のほうをいただきたいと思います。
(これに関しましては初めての場合、その方の状態により、なかなかセラピーのほうを感じられないこともあります。その場合には大丈夫です)

 

 

ヒプノセラピーを受けられるときの注意点

 

としては、

 

お酒や薬物などをかなり摂取してない状態であること、だとか、魔法のようなものを望んでいるような状態ではないことなど、あの、最低限の注意点はあるのですが、そのほかにも今までにあまり受けたことがない、など、まだまだ慣れていない場合、自分に集中できるよう

 

自分の心が落ち着くような静かな場所と時間

 

 

を確保していただきたいと思います。

オンラインでする場合、直接セラピストに見られないため緊張がないという点で優れていますが、そういったものが確保されていないような状況(たとえば、子供が昼寝をしているような時間にちょっと、と思ってしたため、セラピー中もなんとなく子供のことが気になるとか、宅配が来るとか(笑)まぁ宅配なんかは自分に集中できてしまえば大丈夫だとは思いますが)で受けてしまうと、自分に集中できなくなり、催眠にも入りにくくなります。

自分の心につながるためには心地よい集中(ってどんなだ 笑) ができるといいなと思いますので、その点よろしくお願いいたします。

 

静かに落ち着ける場所でしたらご自宅の寝室でもちろん構いません。

無料のモニターではありますので、気軽にご利用いただけたらと思いますが、効果が薄くなるようなことはお勧めできませんので、その点注意をしていただけたらと思います。

なので、気構える必要は全然ないのですが、ある程度、

 

自分はこれからヒプノセラピーを体験してみるんだ!!

自分の心を旅してみるんだ!!

楽しみなんだ!!(*´▽`*)

 

みたいなゆるい心構えみたいなのがあると、いいのかな、とは思います。

無料とかモニターというとつい、その辺が薄くなりがちなので、一応ご連絡させていただきました。

無料だろうが何だろうが、こちらは誠心誠意させていただきますので、その点はご安心くださいませ。

 

 

 

<追記です>

 

モニターの募集のほう終了しました~~~!!

皆さんご応募ありがとうございました!!

スポンサーリンク

-ヒプノセラピー

Copyright© 今日も今日とて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.