ヒプノセラピー養成講座を受けての総括

一連のヒプノセラピーの記事はこちらです。

この5日間を通して、特に最終日、私自身は誰が見ても結構すごい体験をしましたが(笑)じゃあ実際の感覚はどうかというと

残念なお知らせですが正直いって、私が顕在意識で認識している範囲での、心境的な変化や視点の変化などは今のところあまり感じていません。そもそもヒプノセラピーはそんな即効性を期待されているものでもありません。

5日前と自分の感覚的には変わってないという感じです。
(自分の感覚のないところで、ということで潜在意識のほうはですね、変わっているそうです)

とはいっても実際のところ、5日目には驚くような体験が現実的にありました。
これは本当に揺らぎない事実ではあります。
ホント、なんであんなことが起こったんでしょう。

そしてそれはくにこさんによってもたらされたわけですが、くにこさん的には5日目、そろそろかな、と満を持して私を揺らしにかかったようです(笑)

4日目の私のセッションの前、私がセッション前から何となく気持ちが高ぶって、泣きそうになっているのを見たりして、




うん、そろそろかな




と、何かが私の中でいっぱいになってきているのを感じていたそうです。
(ちなみにおわかりだとは思いますが、私自身は全然わかっておりませんww)

表面張力のように、もうパンパンになっていて、ちょっと揺らせば(なにかが)すぐこぼれるくらいのところまで来ているとみていたので、5日目、本当に現実的な意味で私を揺らして(笑)何かを出していったようです。

この体に直接働きかけるやり方はヒプノセラピーというよりは、催眠療法の中のやり方の1つということと、あとくにこさんの直感的なところがあるようで、みかりんが打ち上げの夕食の時に、くにこさんに




なぜなみちゃんの体を揺らそうと思ったの??






という質問にも、何となく、という感じで、マニュアル的なものが特別あるのではなく、今までの経験と知識と勘のようなものがいきているものなのかもしれないと思いました。

一緒に養成講座を受けた人の中にはもうすでに変化を感じている人もいて、

○家族関係で自分の態度が変えられるようになった

○人と比較するということが以前よりもあまり意味がないことに思えてきた。

○なぜそのような行動をするのかわからなかったけど、腑に落ちる内容のセッションで、相手のその行動が以前より気にならなくなった

などのように本人が感じる実際の感覚として、感じている場合もあれば、その人を見ている私たちのほうが

○声のトーンが変わった

○以前よりも普通に自分の感じたことを口に出しているような気がする

など、はたから見ても何か変化的なものを感じたりしているようなこともありました。

これは本当に養成講座というこの講座の中で、実際にその場を目撃している人がいて、話を交わしてリアルに変化を感じられる仲間がいられるこの場があることに関する利点だと思います。

お互いが素人同士なので、誘導はうまくできないだろうし、変な質問してるだろうし、そもそも、最初の設定自体がうまくなくて、なんかぐるぐる回ったりしてしまう私たちですが、そんな中からでもその人にあったヒントを、今その人に必要な知恵を私たちにそっと届けてくれる潜在意識さん。


けっこうね、感動です( *´艸`)



あと、ある程度知ってる同士のグループなので、知りたいことがあったら先生であるくにこさんに、わりと気楽に、かつ率直に質問をするのですが、その質問を聞いていると



私にはその質問は浮かばないけれど、聞いてみたらめっちゃ気になること!!!




みたいなことも一緒にシェアできるので、人数がいたらある人にとってはあまり関心ない質問になってしまうこともあるかもしれませんが、それでも自分にない視点を与えてくれる仲間というのは本当にありがたい存在です。

あと、本当に自分を出していく感じなので、自分が知らない自分みたいなのもしれます。

私は、お母さんっぽいといわれましたww

・・・・まぁ、一応お母さんなんでねw



でもみんな母親であるにもかかわらずそんなことを言ってもらえるということは、自分では当たり前で普通のことだと思っていることの中に、私の特質の一つがあるのかもしれません。

そんなふうにセラピストと1対1でするセッションとは違う醍醐味があるのが、この養成講座なのかも知れないと強く感じました。
やっぱり、人それぞれ感覚や持っているものが本当に違って、でもだからこそ私という人間が、一体どんな形をしているのかを少し遠めから見られるようになる、そんな経験をさせてもらいました。

しかも今回5日目のセッションではセッションをしている中でお互いに交換し合っている何かみたいなことがあったりして、けっこうびっくり!!

それは前回の記事の花束のところでもちょっと話題にした、あれです。

目次

これが養成講座の醍醐味なのかな??

先日の記事でなっちゃんにセッション中、イメージの中で花束を渡したところまでは記載したと思います。

私のセッションのほうでは、珍しく私の知っている人が私のセッション中に出てきて、その時にはやっぱりただただ映像を見ているだけなのですが、よく考えたら、自分の知っている人がセッションに出てきたことが本当に少ない私的には結構新鮮な体験でした。

で、私のほうは花束を渡し終わると、くにこさんの登場で怒涛のセッションへと変容していっていたのですが(笑)その間、なっちゃんのセッションのほうでは、なっちゃんの感覚の中に、



あ、なみちゃんがあんなに頑張ってるんだ~~~




みたいな感覚が、すっときたんだそうです。

というのもなっちゃんはもう再々受講なので、もう私なんかより、普通に自分で深く入れるし、何ならこう誘導してほしい、とかリクエストもできるし、と全然よくできるので、基本養成講座でも



お隣さんは何をする人ぞ



って感じであんまり気にせず、横でだれが泣いていようとわめいていようと、自分のセッションのほうに集中もできるような上級レベルなわけですが、私がちょっと離れたところでくにこさんにゆられているころ(笑)その声が自分のセッション中に入ってきたというのです。

私がや~~~め~~~て~~~!!と泣き叫んでいる声を聞いて、




あ、なみちゃんすごい頑張ってる~~~






と思いながら、あれ??なんて言ってたかな??なんか胸の前にあった、ほとんど開いていなかったドアが開いたとかなんとかってそんなこと言ってたんですよ!!
(あくまでセラピー中のイメージです)

あぁだめだ。ホントすみませんm(_ _)m

この話の重要なところをなんかしっかり聞いてなかったからこの感動が全然伝わらない(笑)ホントシェアの時ぼんやりしてたからよく思い出せないわ~~~~(涙)

今度なっちゃんにしっかり聞いときます(`・ω・´)ゞ

まぁとにかく、同時に行われていたセッションの中で、何かが行きかうような感じって、きっと1対1のセッションではなかなか難しいことで、そういうのがやっぱり養成講座というみんなでシェアできる場があればこその醍醐味というかね、



なんかいい経験しちゃった感ハンパない




感じがします( *´艸`)

総括

そんなこともあった養成講座の5日間。

うん。これは濃いですし、一種の連帯感のようなものが生まれます。

セッションをしているとき、えかさんやくにこさんがいっていましたが、この場はなんだか異次元みたいだったとか。

ただ私の場合は、目の前にいる人に集中して、何をどうしたらその人が行きたいところに行けるのかを、今私にできるだけのことをしようと努力しているだけで精一杯だった約1時間。

今クライアントが見ているものを一緒に想像して、何を知りたいと思っているのか、どこに行こうとしているのか神経を集中して考えるのではなく感じようとします。初めてのセラピストだし、どうしたらいいのかもわかんないしで、基本めっちゃ必死だったので、私はセラピストをやってるときのほうがかえって周りの声があんまり入ってこなかったりも( *´艸`)

なんかもうちょっといいやり方あったんじゃないか・・・とは思うものの、その一方でそんなすぐ上手になってもおかしいだろう、とも思うので、ひとまず全力で目の前のクライアントに集中していた自分と、仲間をめっちゃリスペクトです(笑)

なので、セラピスト役もクライアント役もどちらも本当に楽しい5日間になりました。

残り2日間がまた来月あるのですが、なんかいいですね。



思ったよりすごいことがあっても自分がそれほど変わった感





というのがあまりないので、気軽にこの後も行けそうです( *´艸`)

しかも、その割には




自分の意識していないところで、

少しずつなにかが変わってきていて、

気が付いたら全然違う自分になってきてた!!!(; ・`д・´)







みたいなことがおこってると、この養成講座を終えた皆さんが、結構口をそろえて言ってるわけですよ!!!

何か、そんなオイシイ話があってもいいの??みたいな。

そんな魔法みたいなことが起こってしまうらしいヒプノセラピー養成講座。

後半もめいっぱい楽しんできたいと思います。

ヒプノセラピー養成講座について詳しいことを知りたい方はぜひチハラダクニコさんのブログに行ってみてください!!→

くにこさん持っている知識と人柄がうかがえる素晴らしい記事満載です♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まだ、東アジアの情報ばかりですが、いつかはもっとワールドワイドな感じでの情報発信がしていきたい!と夢見てる人が管理人のサイトです。

コメント

コメントする

目次
閉じる