ヒプノセラピー養成講座終了後の変化はあったのかな??

去年に受けた「ヒプノセラピー養成講座」

だいたい5か月ほどたったのですが、少しずつ自分の中で分かるような形で変化を感じているので、こちらにまとめようと思います。

これからヒプノを受けようかと思っている方に、事例の一つとして、少しでも参考になれたらこんなにうれしいことはありません。

目次

変化の実感はごくわずかずつ

もともとくにこさんもおっしゃってましたが、養成講座が終わってすぐ、人生がドラマチックに変わっていくわけではありません。実際私も養成講座を通して感動したり、体験したことはもちろんありましたが、




1本の電話が私を変えた(古い!!)




的な、これが引き金になって、



まさにここから私の人生が変わっていった!!!(; ・`д・´)






みたいな感じには、全然なっていません。

感動も涙も笑いも(笑)あったけど、えーーーーと・・・・うん。だね。

みたいな感じでした。

でもこの辺はおととしくらいから養成講座を受けている人たちが終始私の周りをうろうろしているので、それほど気になりませんでした。

変化は確実に自分の中で起こっているものの、スローな印象だということをきいていましたので。

もしかしたらあっという間に変わったという方もいらっしゃるかもしれないですし、それはそれで楽しいとは思いますが、私の周りの人たちはそんなに、なにか急激に人生が方向転換した!!

みたいな感じの人はいませんでした。

にもかかわらず、ヒプノを熱く語る人は多いのです(笑)

ほんとうに、自分の中でしかわからないような変化を巻き起こしているものなのだな、と思う部分もありましたので、養成講座を終え、何かが変わったというような目に見える確かな手ごたえはなくても、何も気にせず毎日を過ごせました。

とくに、養成講座を終えた次の日の至福感をこちらで記事にしていますが、今でも本当にどう表現したらいいかわからないくらいの感動を感じつつも、変化とかは特に感じませんでしたから。


ただ、ここにきて、なんだろう。自分で


はっ!!!!(; ・`д・´)



とすることがあるんですよ。

例えば、私、超ストライクゾーンの狭いoshoタロットをときどきするんですが(どんなんだ、それ)、なんていうのかな、話をしているときに自分の中に確固たる自信、というか、ゆるぎない自分みたいなのを感じ、びっくりしました。

去年、初めて習ってやっていたころと、実力は全く変わっていないのですが(!!!)相手の話の聞き方から、見方、そしてこちらの話す言葉の力の入り方まで、何か、私の中でガラッと変わってしまった感があります。(繰り返しますが、タロットの実力は変わってませんww)

なので、最初は


あれ??これなんだろう????



と自分がびっくりしました。

私が話しているのに、私が今まで話していた感覚とちょっと違うんです。なんていうか、地に足が付いた感じ??

何と言ったらいいかよくわかりませんが、たとえるなら乱視を矯正しないで三日月を見ると、三日月のとがったところが幾つにも見えて、でも本当の月の部分も重なっていたりして、かぶっているのか、ぶれているのかよくわからないような感じだったのが、なんかだいぶシンプルにすっきりした感じで三日月の先をとらえることができるような感じになってとでもいいましょうか。

あ、乱視じゃない人には、酔っぱらいすぎて、たてた指が2本、3本に見えるという、よく言われるようなたとえでわかりますでしょうかww

乱視の方はわかるかと思いますが、あれって結構うざかったりしませんか??

あの、見ようとすればするほどあいまいに分裂していく感じって本当にもどかしいんですが、自分自身があんな感じだったのが、だいぶ矯正されてきたような感じがします。

多分こういうのは自分に対する概念そのものを変えていくようなものなので、何かすごい事件でもあれば別ですが、日常生活の中ではこんなに短期間で変化をおこすのはちょっと難しいような気がします。

それがこの数か月の間に私にはおこりました。

もちろんまだまだ未完成で、不安定で不確定な部分はたくさんありますが、これは今回の養成講座の仲間であったり、ハピソのみんながいる環境の中にいたらもう少ししっかりしたものになっていくような気がします。

環境ってやっぱり重要ですよね。

そして、それにより、私がずいぶん楽になってきているな、という感じがします。



あーーーーーー、うん。まぁ大丈夫みたいなww



八方ふさがりだったころは、




どの道に進んだいいのか、どこに向かったらいいのか、そもそも何をしているのかが全く分からない。




という感覚はあったものの、人生は普通に過ぎて行っていました。いや、いろいろ見ないことにしてやり過ごすことができていました。

正直、私自身は突出して何かに秀でているところはなくても、何となく平均的にたいがい出来るというタイプなせいか、生きにくい、というようなことはあまり感じたことはなかったのですが、この楽になった感覚を感じるということは、やっぱり不便な点があったということですよね。

ヒプノセラピーは、たとえば何かのノウハウ的に均一になにかを教えてもらってそれを実行するといったものではなく、自分自身に合わせたものが出てくるので、それに自分自身が対応していく、というところがあります。

なので、人によって効果も出方も時間も全然違ってくるみたいです。

だから、基本人と比べる必要がありません。(でもくらべたくなってしまいますけど 笑)

そして、私の場合は自分に対する「地の足のつき具合」という感じでまず出てきているような気がします。

また、一緒に養成講座を受けた仲間の様子を見ると、もともと自分の中にあった才能を開花させて、新しいステップをドキドキしながら踏んでいる人たちも見受けられます。

もうね、すごいですよ!!

誰もが、びっくりするような才能を自分の中にこっそり隠し持っているのかもしれません。

そんなものを開花させてしまったら、こんなおもちゃを手に入れてしまったら、毎日生きていくのが楽しくて、キラキラしていくのかもしれません。そんな人たちを見ていたら

さ、これから何を発芽させてくのかな、私は(*´▽`*)


と期待が膨らんでしまうではないですか!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まだ、東アジアの情報ばかりですが、いつかはもっとワールドワイドな感じでの情報発信がしていきたい!と夢見てる人が管理人のサイトです。

コメント

コメントする

目次
閉じる