韓国 お出かけ 雑記

昌徳宮(チャンドックン)の後苑(秘苑?)が素晴らしすぎて呆然 (゜o゜)

更新日:

 

春になって、韓国でもそこらじゅうで花が咲き、蝶がひらひらと舞っております。
着るものも軽くなっていい季節です♪
「北風と太陽」ではないですけど、着ているものが軽くなると心も軽くなるものですね。
足取りもいやに軽くなります。

そんなフットワークのよくなる季節に、最近つるんでる人たちと昌徳宮(チャンドックン)にいってきました。

 

なぜ昌徳宮かって??
そんなことは私も知りません(笑)

 

 

行く?

 

 

って聞かれて、気分がよければいくのみです(笑)

だいたい韓国に20年近く住んでて、昌徳宮行ったことないですしねww

 

景福宮(キョンボックン)は何だか有名だし、韓国に遊びに来る人も何となく行きたい、という人が大体何人かはいて、何回かいったことがあるんですが、昌徳宮は初めてです。

こないだ正月の特別ドキュメンタリー番組みたいなので昌徳宮のことをしていたのですが、

 

 

都会のど真ん中でリスやタヌキに遭遇できる様子

 

 

が放映されていて、俄然興味を持ったもののなかなか、

 

 

じゃあ一人で何が何でも!!

 

 

 

行くか?

 

 

と聞かれたらそれほどの情熱でもなかったため放置してたんですが、まさか友達が行こうといいだすとは。

 

昌徳宮(チャンドックン)→

コネストのページに飛びます。

 

友達が予約が必要だから、といいながら予約してくれたので、

 

 

え??予約とか必要なんだ~~!!いつもありがとね♪ところで何の予約なの??

 

 

と聞いたところ、本人もよく分かっていない様子www

 

 

 

なんかよくわかんないんだけどね、予約が必要っぽいの

 

 

そうなんだ~~~!!楽しみだね♪

 

 

 

おいおいどんだけ適当に暮らしてるんだ、お前らはよ。

 

コネスト、のほうを見ていただければわかると思うのですが、秘苑(ピウォン)のほうに行く予約をとってくれていました。

ちょうど今の季節は自由観覧もあるそうなのですが、基本ガイドさんの一緒に回るもののみ最近は観覧が許されてるといってた気がします。

コネストのコメントみてると、システムもいろいろかわってきてるみたいなので、行かれる方は一度確認とられたほうがいいかもしれません。

予約をしてくれたのは、当日券は余ってれば購入できるのですが、当日券がない日もあるようなこともあるそうで、確実に行けるよう友達が予約してくれました。

 

 

私たちは1時30分からの日本語のガイドさんのツアーでお願いしてみました。

このガイドさんとっても面白い人で、もう長いことされていて、説明も結構ウケるんですが、なんかね、イントネーションじゃなくて、なんか音階が、っていうか、なんだろう、デパートのエレベーターのお姉さんみたいな、うまく言えないんだけど、ちょっと独特の話し方で、何だか日本語が日本語として頭に入ってこないwww

そんな不思議な体験をしながらのツアーでした。

 

こちら説明を聞くときには秘苑(ピウォン)ではなく、後苑(フウォン)という言い方をしていました。
こちらの入り口に集合なのですが、この後苑(フウォン)の入り口は、西側のチケット売り場からは少し歩きますので、時間などに少し余裕を持って行かれるといいかもしれません。

 

 

こちらは入ってすぐに大きな木が並んでいます。

 

入り口近くにある大きな木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺まで来ると鳥のさえずりが耳に響いてきます。
マイナスイオンでまくってそうで、肌と耳と目とついでに鼻でも感じる、

 

 

なんかすごくいいところに来てしまった

 

 

感ハンパないです。

 

ガイドの方は説明をしてくださっているのですが、聞いたり、聞かなかったりでも大したおとがめもなく、なんかテキトーについてきてくださいね。的なノリのツアーでしたので、ガイドの方の話が、わかるようなわからないような面もあり、すみません。

 

 

ほとんど聞いてませんでした<m(__)m>

 

 

この木は300年くらいたってるとか、ソウルに台風が来たときに、あの木は折れてしまった、とかそんな話をしてくれていたのは覚えているのですが、写真を撮ったり、何か興味のあることに心惹かれているうちに、説明終了してるという、

 

 

学校の社会見学で、隣のことつつきあってて先生に怒られてしまう

 

 

子のように、全然集中してませんでした。
ところで、子供の時はおこられましたが、大人になると怒られないんですね。

 

 

そうなんだ、いいんだ。

 

 

 

 

 

台風がきても頑張ってるよね!!

 

不老門といって老いなくなる門らしいです。
ちなみにガイドの人はここを十数年、毎日行ったり来たりしているそうですよ(゚д゚)!

 

 

かわいかったので、写真を撮っていたら、一緒に回っていた韓国の人が

 

これは할미 꽃(ハルミッコッ)ね

 

と名前を教えてくれました。

 

モミジの季節はどんな絶景かな

 

 

中央右寄りにある建物は昔の王様が釣りをしたところなんだとか。
建物も、扇形、というか釣り船型に作ってあって、それらしい雰囲気が楽しめるように、と配慮された作りなんだそうですよ。
うーん、昼寝によさそうですね。

 

 

 

 

写真になると本物以上に色彩が豊かに、色鮮やかにうつり、みんなびっくりしてました。

 

 

ここまでは平地だったのですが、ここから若干のうねり坂が私たちを待っていました。
すごくハードな、体力の限界に挑戦、的な坂では全くありませんが、多少は上り下りがありますので、ヒールなどではなく、歩きやすいものでいらしたほうがいいかもしれません。

若干1名息切らしてました(笑)

 

そしてこの坂を上がったあたりから鳥の鳴き声も若干かわったようなきがします。

こちら景福宮(キョンボックン)よりももっと広い敷地になりますので、住んでいる鳥にも住みわけがあるのかもしれません。

そして、昔はこの辺りに野生のトラもでたとかでないとか。

 

つつじも満開

 

 

 

 

なんと、タヌキにも出会えましたよ!!!

 

 

 

 

こちら、全体を通して、決して派手な印象はまったくなく、どちらかというと、素朴で、整備されてなく、そのままの姿を楽しむとった趣の庭で、(庭というにはちょっと広大な気がしますが)ここに行ったみんなが大満足のツアーでした。

 

 

楽しかったね~~~!!

 

 

といって、みんなで驚いたのは、こちらの後苑(フウォン)をでてからのこと。

 

ガイドの人が隣のチャンギョングンも今の季節花が咲いていておすすめですよ。

 

というので、そちらにも足を延ばしたのですが、こちらに入ってすぐ目に入るのは

 

高層ビルの群れ。

 

 

これを見たときはじめて、

 

 

自分たちがソウルの真ん中にいたことを忘れていたことに気が付く

 

 

 

という、何だかややこしい言い方ですが、とにかくこの後苑の、あまりの喧騒のなさと、自然の豊かさと、現代感の薄さに、

 

 

色々なことをうっかり置き忘れてきてしまった1時間半

 

 

になったことに驚きました。
ビルを見て、

 

 

そうそう、私たちそういえばソウルにいたんだよね

 

 

と思い出しましたよ。
ソウルでここまで、都会にいることを忘れてしまえるような空間ってそうはないんじゃないかと思います。

そんな不思議な感覚の味わえる、素敵な後苑でした♪

 

また是非行きたいです!!

 

 

 

スポンサーリンク

-韓国, お出かけ, 雑記

Copyright© 今日も今日とて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.