東北 宮城 福島の旅 プロローグ

実はこの春からなんかすごーーーーく、お墓参りに行かなきゃなって、なぜか思うようになってました。

父方のほうは実家の近所なんで日本に行ったら大体いけるんですが、母方のほうは福島の、母曰く、大地震の時には一時期入れなかった地域に属するくらいのところに位置しています。

ただ、それ以前にも母方の実家にはほぼ行ったことがなく、おそらく小学生くらいのころに行ったきりになってしまっているその場所に、今頃になってなぜ行きたいと思うようになったのかは、自分でもよくわかりません。

ただ、春くらいからなんとなく虎視眈々とその時期を狙っているような、気になっている場所になっていました。

しかしそのタイミングがなかなかやってこず、なんなのかなーーー、なんでこんなことふと思っちゃったのかな?と思っていたのですが、ついに行くきっかけがやってきました!

そして、行くきっかけになったのは、トリガーになって私の心を動かしたのは神社でした。





あぁ、もうなんなんだろうこれ。

私何がそんなにいいの??




とも思いつつも、やっぱり行ってよかったです。

なんていうか、全然役には立たないけれど、ちょっとした奇跡が起きたりした、不思議な旅でした。


目次

金華山黄金山神社で火渡りができるって知ってしまったら!!

もともと行ってみたい神社リストみたいなものの中に入っていた「金華山黄金山神社」

でも、東北って私の行動範囲にはなかなかなくて、いつか行けたらいいな~と思っていた神社ではあるものの、全然縁もなく、行った方のブログなんかをいいな~~と思いながら見てるだけでした。


私にとってはそんな夢の場所だったのですが、ある日、ヒプノセラピー養成講座でとってもお世話になったくにこさん


と連絡をさせていただいているときに、知ってしまったんです・・・・








なんと、「金華山黄金山神社」で、火渡りが今年開催されるということを。

火渡りって何かというとこんなのです。










google で「火渡り」で検索するとこんなんが出てきました( *´艸`)




これ、めっちゃすごくないですか???すごくやってみたいんですけど!!!( *´艸`)






と、周囲の人にまぁまぁ興奮気味に触れ回ってみたのですが、





え?・・・・っと?これしたいの??






っていう反応に私もびっくり。

反応からするに私より向こうのほうが驚いてる様子。

へーーそうなんだ。世の中ってそうなんだ( ゚Д゚)

火渡りってあんまりやってみたいと思うようなものではないんだ。


くにこさんは現在仙台在住で、この神社もご存じだったので、




ここ神社に前から言ってみたいと思ってたんです~~


と何かの拍子に言ったところ、いろいろな資料をメールで送ってくれると同時に、この火渡りのことも教えてくれました。





しかも金華山黄金山神社では、6年に一度の儀式だというのです。


https://kinkasan.jp/saijituh25saitougoma/より転載



え・・・6年に一度、そうなの??

これ行かなきゃいけないやつなんじゃないの??

これ逃したら、私の「火渡り体験」はいつ来るの???( ゚Д゚)


きしくも、春からお墓参りなんか行っといたほうがよさそう、空気が漂っていた6月。

福島と宮城、近すぎだろ。少なくとも静岡から行くよかは果てしなく近い。

そして、6年に一度開催されるという火渡り。






あーーー。思い切って行っちゃおうかな?




と思うのにそんなに時間はかかりませんでした。

母にはなんとなくお墓参りに行ってみたいな、と春くらいから打診をしていたこともあり、時期をうまく合わせていく手はずを整えることしました。




そしてこれは全体的における奇跡の悲報なのですが

実際に行ったのはこの大祭がある2019年10月27日を基準に前後3泊4日で行ってきた旅であり、この記事を書いているのは実はもっとずっと後で、その時の記憶を思い出しながらやっとこさかいているのですが、やっとこの記事を書こうと思った今の時点で



写真がごっそりなくなっている!!!





ということに初めて気が付きました。

もうこのショックと言ったら・・・・(/o\)

正確に言うとスマホでとった写真が9月の末くらいから12月の中頃までの約2か月ちょっとだけの写真が、抜け落ちるように私のスマホの中から消えているのです…

私、仕事上写真たくさん撮るし、あとで使うこともあるかもなので、スマホ本体のほうで写真を保存しつつも、microSDにもスマホで保管してる写真とだぶらせて、どこか困ったことになっても生き返らせる方法が少しでもあるように、わりと写真の保存には気を使って生きていると思うのですが、それがどこにも残ってない。






パソコンにも、外付けHDDにもスマホにもどこを探しても全然残ってないのです、その時期だけ。





まめではないし、几帳面でもないので、外付けHDDの中なんて、2018年の写真が3重くらいになってそれぞれのホルダーで保存されていたり、なんなら2019年の写真も2つくらいのホルダーに入っているのに、その時期だけがすっぽりと抜けているのです。








えーーーーーなんで(/o\)







って、私なんかしたの??

と思いめぐらしたときに、一つだけ思い当たらないことがないでもないというか。

今回の東北遠征中お墓参りの時に、この田舎っぷりをとどめておきたくて、おばあちゃんの住んでたところ、というのを写真に撮ったんです、お墓もちょっと込みで。

写真に撮っていたところを見た母が、





お墓は写真撮っちゃだめだよ





って言ったんです。確かにそのとおりかもです。

でももう多分ここに来ることはないんじゃないかな、と思って撮ってしまったのです。

でも、ちょっとした事件もあったので、次の次の日には消したのですが、なんかやっぱ駄目だったんすかね。

多分知らないうちに操作して、写真を消したのは自分だと思うんです。そう思うんですけど、





なぜにピンポイントでそこだけ???






みたいな出来事に、この記事を書こうとして知ってしまった事実にちょっとへこみました・・・

火渡りの様子とかいっぱい写真撮ったのに・・・・(/o\)


もう今回の旅行全否定






みたいな事態にけっこう涙目ですが、そんな私の救いは娘のプレゼントしてくれたカメラ。

もう、母愛にあふれてます、この人。

ママ、カメラ欲しがってたよねと差し出してきた末娘

この旅行の前に、こっそり(でもないけどw)準備してくれた末娘。

や、ちょっとこの人母愛が過ぎるんだけど大丈夫なんだろうか?

プレゼントしてくれたのは canon powershot G7




ウインクデジタル 楽天市場店





大半はパパにお願いして買ったということなのですが、それでも10万wは払ってる小学5年生。

私、この子からもらえるほど子育てしっかりできてきたんだろうか・・・??













いやいや、ちゃんとしてきた。すごい頑張ってきた。

どう考えてもめっちゃがんばってきたよ。私の度量、っていうか枠の中で精一杯、つまづきながらもがんばってきた。

もちろん外国だし、全部ひとりでってわけにはいかないからたくさんの人にも助けてもらったけど、よくやったと思う。

よし、ありがたく受け取ろう。



そんなわけで、カメラで撮ったものが少しだけ、本当に微々たるものだけですがあったので、そちらを載せていきたいと思います。

あーーーーーー!!かわいくとれた写真いっぱいあったのに~~~~(/o\)


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まだ、東アジアの情報ばかりですが、いつかはもっとワールドワイドな感じでの情報発信がしていきたい!と夢見てる人が管理人のサイトです。

コメント

コメントする

目次
閉じる