タイ旅行記(あれ仕入れじゃないの??) vol.10

最終日に当たる今日は、ガチ観光モードでした。(っていうかもう言ってしまおう。そもそも観光だとw)

まずは腹ごしらえからでしょう、と普段朝ごはんに全然執着がないのになぜか朝からいただいてきました。

さすが旅マジック。私にとっての日常ではないものを、どんどんどん欲に摂取していこうというね。

まずはホテルのすぐ近くにあって、もう気になりまくってたこれ。

 

 

そしてこのキュウリ。写真のために向きをそろえようか、それともそのままがいいかめっちゃ迷ってそのまま(笑)

こちらは「カオマンカイ」という料理ですが、気になったのはこのぶら下がっている鳥。

 

ツルン、として見た目がすごくプラスチックみたいなんですよね。だから

 

あーーーー、食べ物のレプリカ?みたいなの飾ってるのかな?

 

って思ってたんですけど、よく見ると、

 

 

なんか、脂っぽい成分なのか、水滴なのかよくわからないものが垂れてるっぽいんですよね。

 

あれ?本物??

 

ということはあれを私は食べてるということ??とちょっと気になりました。

ま、なんにしてもおいしかったですが。

 

それから、今日はなんか旅っぽいことをしてしまいます( *´艸`)

まずは先日会った友達が行ってよかったというシロダーラ。

 

シロダーラとは?

「脳のマッサージ」と呼ばれる、オイルを頭にたらたらと垂らすもの(あくまで私の体験です。もっとしっかりとした、アーユルヴェーダに基づいたなんとか、というのは検索してみるとたくさん出ます。)

 

これをした友達は、頭の中がポッカリとする感じ?で良かった。というようなことを言っていましたので、それならせっかくだし、私韓国だったら絶対しないと思うので、行ってみることにしました。

 

 

 

 

早速結論から言ってしまうと、鈍い私はちょっとわかりませんでした。

でも、私の別の知り合いが以前アーユルヴェーダをしに確かスリランカに行って、短めのアーユルヴェーダ体験をしてきてよかったといっていたので、きっと私にも良かったに違いないと思いこむことにしています。

ときに思い込みは大事かと(笑)

 

今回行ったところはシロダーラはどうか別にしても雰囲気が良くて

 

あーーーーーなんかいいとこ来ちゃった\(^o^)/

 

 

っていうのは100%体験できました。

 

前日にやっぱりホテルでタイビール飲みながら、そのへんで配られているクーポンのついた観光雑誌とネットを見ながら、電話しただけとは思えない気持ちよさ。

あ、いちおう、先日お世話になったタイ在住の方もお勧めしていたところですよ!素敵なところです。

 

そんなわけで今日も散歩も兼ねながら向かいたいと思います。

 

 

目次

SPA massage coran

 

まずはホテル近くの風景。

ここは裏通りになるんですが、日本語のお店がいくつか並んでいて、コミュニティー的な感じの場所もありました。

 

ここから、spaがある最寄り駅nanaまで電車に乗って下車

 

 

緑が気持ちいい。

 

日本国大使公邸もありました。

外国の道を歩いているのは本当に楽しいですね。

 

 

おぉぉ、タイのドナルドさん。本当に手を合わせているんだ!!

 

いよいよ目的地のこちら

一軒家のようなたたずまいです。

 

 

中庭もっと素敵なのに写真がうまくとれんかった(涙)

 

 

フロントで待っている間の素敵感。

 

 

 

 

 

昭和の時代を駆け抜けてきた私みたいに、

 

人生は効率と努力と成果を大切にするべき

 

みたいな空気感を感じながら生きてきた人もいらっしゃると思うのですが、私はここ数年、それにプラス

 

感覚はしばらく箱に入れてなきものにする

 

という生き方を目指してきていたので、素敵な空間に行って、素敵なだなぁと感じることよりも

 

この角度から写真とったら素敵で見栄えるかな、とか、

 

これをどう自分の人生に活かせるだろうか、というような、

 

頭で世界を理解すること

 

 

が大事なことだと思っていたところがあって、もちろんそれはそれで大事なんだけど、一方方向から的過ぎて、見方がちょっとゆがんでいるというか、すごく心に響かない見方しかできていませんでした。

でも、最近はもう少し

 

気持ちがいいって私がどんな感覚になることなんだろう?

 

と、経験したことによる結果よりも、自分が何に満足する人間なのか、何に反応する人間なのか

というところも気にするようにしています。

 

素敵な場所や素敵な料理を見たら

映えるものはどれか、みんなに情報提供になりそうなのはどれか、素敵だねって言ってもらえそうなのはどれか

 

を見るのと同時に

 

映えないけど、私がきゅんとしてしまうものはどれだ

 

も探してみる、という感じです。

 

私の中でみんなをないがしろにもしないし、私自身のこともないがしろにしない。

尽くすことはあっても、犠牲になることはもうできるだけしない。

 

映えないけど、なんかやっぱこれ私好きだわ。はスマホで一人で愛でてもいいかな、と。

何かを共有できる喜びって本当に心躍るけど、あんまり共感されない自分の好きもやっぱり大事にする

 

も併せて持っていられたらと思います。そうあわせて。

あ、犯罪に近い感じとか、誰かを傷つけるような好きはちょっと、えっと倫理的にはなかなか難しい部分だと思いますけど、好きって本能的なものだからなんか自分でどうとかできないものですよね、基本は。

気が付いたら落ちていたのが恋っていうじゃないですか。

 

でもちょっと考えたいのは、

あなたが(そして私が)本能で好きになったと思っているそれは、本当に生まれた時から本能的に好きだと思っているものなのか、今まで生きてきた環境の中で、無意識のうちに刷り込まれてきた感覚や常識や習慣から、無意識のうちに出てくる反応なのか。

 

 

・・・・・といい加減終わりがなかなか来ない話になってきますので、シロダーラで全力でいろいろ流してみたいと思います。

 

 

 

 

この暖かい明りの部屋でシロダーラ受けました!

 

 

こちらえーと説明受けたんだけどな(汗)ハーブがたっぷり入った、えーと・・・・素敵なものです。

 

 

 

こちらの漏斗のような形をしたものにオイルを入れて、突起物のところからオイルが出るようにセッティング。

ゆらゆらと揺らしながら頭のところにオイルをかけていきます。目を閉じてますので、行ったり来たりするオイルが不思議な感覚ではありました。

このシロダーラをした後、シャワーをするときには髪を3回くらい洗ってください、と書いてありました。

確かにオイル漬けになっていましたからね、髪。

 

すべてを終えて、いただいたお茶もかわいいです。

 

 

 

 

 

 

パタヤにもあるみたいです。

お店はこちらです。

 

 

 

終わったあと、こちらのスパが運営しているトゥクトゥク?にのって最寄り駅まで連れて行ってもらいました。

 

 

こんなあけすけな乗り物が道路を走っているのってやっぱ観光を感じてしまいますね。

上にはBTSかな?が走っています。

 

午後のお寺周りに行く前に腹ごしらえを、と近くのショッピングモールに入りました。

吹き抜けの建物がモダンです。

 

 

 

お肉ほろほろ( *´艸`)

フードコートでいただきました。

娘にこの写真を見られて、

 

これは何なの??おいしいの??

 

としつこく聞かれた一品です。うん、私一人だとあんまり美味しそうなの食べないから写真もおいしそうなのって、これといってないからね・・・

カオマンカイとかスルーだったしね(/o\) おいしかったんだけど。

 

お昼を食べてデパートの中や雰囲気をざっくり見た後、行くところはただ一つ。そう、宗教施設。タイはやっぱりお寺が多いので、お寺にちょっと行ってきます。

 

ワットトライミット

 

 

ワットトライミットとは?

チャイナタウンのヤワラー通りの終わりにあるこの寺院には、約700年前に造られたといわれる仏像があります。

全重量5.5トンの金で鋳造されているこの座像は、以前は漆喰で覆われていました。

1953年、安置されていた廃寺ワット・プラヤーグライの取り壊しにともなう工事の最中に落下して漆喰が割れ、中から黄金の仏像が現れたといわれています。

 

https://www.thailandtravel.or.jp/wat-trimit/より転載

 

すぐ近くに多分だけど小学校があり、子供たちが運動場で遊んでいる姿が見られました。地域密着型ですね(*´▽`*)

 

中には記載の通り黄金の仏像が

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、あれが噂の建物ですね!!

 

 

 

このメインの建物のとなりの建物にも入らせていただいたのですが、

 

 

あの、芸能人でこんな感じの方いませんでしたっけ??

まず、私が浮かんだのはドリカムの西川さん。

 

っと言って西川さんの写真を探していたら、もっと似ている人が!!

 

https://www.oricon.co.jp/news/2021195/よりお借りしました。

 

 

 

台座がなんかすごくて思わず。

 

 

 

 

こちらを出てちょっと歩くと目に留まったのがこちら。

 

Kuan Yim Shrine

 

Shrineと地図に書かれているので、神社なのかと思ったら、Shrineにはほかにも

 

 

(聖人の遺骨・遺物・像などを祭った)聖堂、廟(びよう)、社(やしろ)、(日本の)神社、(聖人の遺骨・遺物などを納めた)聖骨箱、(神聖視されている)殿堂、聖地、霊場

 

 

といった意味があるのだそうです。知らんかった。

 

 

こちらの門をくぐって中に入ると

 

 

 

あぁ。。。中国。という感じの本堂が。

こちらのすぐ近くにチャイナタウンがあるんです。

今回ここを選んだのもチャイナタウンに来てみたかったからなのですが、まさにこの時、中国の武漢では大変なことが起きていました(汗)

もちろんですが、全く知りませんでしたよ( ゚Д゚)

 

ただ、なんかちょっと不思議な感じというか、今思えばなんか、あれ?、みたいなものがあったんです。

ここでお参りしているとき、なんとなく早く出てけ、と思ってるんじゃない?っていうなんか圧を感じたんです。

ちなみに私、何か聞こえるとか、何か見えるというタイプでは全くありません。

知り合いにはそんな感じの人いますが、みてて、

 

あ、私にはその才能ないな。

 

っていうのはわかります。だから聞こえるとかではないんだけど、

しいて言うなら、例えば

 

あ、今日部長機嫌悪いよね

 

 

みたいな空気感というのでしょうか。それがこの観音様から感じられるわけですよ。

でてって、みたいな感じ。

 

えーーーーーーーーーーって思いません??そりゃ、ここに来ようとしてきたのではなく、ちょっと寄ってみただけではあるんだけれども、拒否られるってあり??

観音様それありなの??

 

ってちょっと思いませんか?

だから、ちょっと様子をうかがってみるように、空気を感じるっていうか、たとえて言うなら

 

部長にちょっと声をかけてみる

 

みたいなことをしてみたら、やっぱり機嫌が悪かった!!

みたいな感じで、とにかく早く出てってみたいな感じだったんですよ。

 

いち人間としては、それはもう聞くしかないので、早々に立ち去ったのですが、もしかしてこれって!

なんか大変なことになるから早く国に戻りなよってことだったのかな?って帰ってきてちょっとしてからふと思ったんです。

まぁ勘違いっていうのが妥当なとこですけど( *´艸`)

 

 

そんなわけで、まったく中国の事情も知らないまま、私はチャイナタウンに向かいました。

まぁタイのチャイナタウンだったので、大丈夫だったとは思うんですが。

 

 

チャイナタウン

 

 

 

すごくないですか?この「赤と金、それ以外不可!」みたいな感じ。

ちょうど旧正月前だったこともあり、町中がお祭りムードです。

 

 

 

 

町中がものすごい赤!赤率がすぎる!!

 

 

 

 

 

なんかもう別世界。

全然違う国に来てしまったかのようです。

 

 

おいしそうな気がして気になるけど、生っぽいから、食べていいかわからない、でもカニとかおいしそうだよ!!っていうものから

 

 

体にいいものなのかな、と外国人的には漢方系を想像してしまうけど、実は料理的に食べる物とか?それともリースとか作る飾りなのか?

とかまあ全然わからず、私にできる有効な利用方法としては写真を撮るくらい、しか浮かばないものとかが、あちこちにならんでいます。

 

 

 

メイン通りでなく、少し曲がってみると

 

 

 

 

 

 

写真を見て、そういえばソウルって電線ないなーーーーって思いました。

 

 

 

このかわいいお姉さんがいるところで、私もこの中国の飾りを買いました。パイナップルもお姉さんもかわいかったです!

 

 

この駅からまたホテル近くに戻りました。

そろそろ現実に帰る支度をしないとですね。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まだ、東アジアの情報ばかりですが、いつかはもっとワールドワイドな感じでの情報発信がしていきたい!と夢見てる人が管理人のサイトです。

コメント

コメントする

目次
閉じる