女性性で生きるってなんだろう?と思った時に知ること

いやーーーーー、久しぶりにいい経験しました(笑)

私の人生には「全力でなかった」といってもいいような講演会にこないだ参加してきたんです。

何に参加してきたかといえばこちら

こちらの写真を見ていただければもう何となく想像つきそうですが、なんていうか、

女っぷりがよさそうな感じがしますよね??

なんか、この辺でもう、

私とは関係ないし

と思っている女性が数人見えますが、あの、なんていうか、男性の方は別にしても女性の方でしたら、書類の性別欄は 女性 に〇しますよね??

そしたら十分関心をもって見る価値のある話だと思います。

それくらい本当は 既存の価値観、常識、世間体、良識、決まり、規制、テンプレート的なものを

もう一度しっかり考え直してみるいい機会

になった気がします、私の場合。

でもきっと私だけじゃなく、

今回の公演に参加したみんながそれぞれの中で何かを動かされたんじゃないかな

って思います。本人が意識しているかしていないかはともかく。

それくらい破壊的でしたよ!!!(; ・`д・´)

目次

なにがどうしてどうなってそうなの?

これ、言葉で話していったいどこまで伝えられるのか、ちょっと自信がありません(笑)



ホント、一度は行ってみてください。おわり。





というのが最善な気がしますが、まぁそれだとガチで伝わらないので、ちょっと言葉にしてみます。

うまくできるかな。できるといいな。

まず雑感ですが、




ななさんは女っぷりもいいけど男っぷりもめちゃめちゃいい






気がしました(笑)

もともとはシングルマザーで社長をしていたななさん。

ガチガチの男社会で張り合うように、女らしさとかスキとかを1ミリも見せず、

男性社会の中でバリバリ働けるキャリアウーマン

として働いてきたものの、ある時限界を感じたんだそうです。





もうできることはできる範囲で最善を尽くしてきたのに、この閉塞感、生き詰まった感じは何なのだろう??




と自分自身に疑問を持たれるようになったそう。

この行き詰った感じってどんな感じなのでしょうか?

たとえばですが、何をしても暖簾に腕押しで、何かをしているという実感が持てないし、この迷路にはゴールがあるように思えない。

なんならヘンゼルとグレーテルのように、2週目はパンくずを落として歩いてみたものの、気が付いたらあちこちにパンくずだらけで、もうどうしたらいいか、どこにいったらわからないような感じ、なのかな?


結構しんどいですよね(/ω\)




では、その時にななさんがしたことは何だったかといいますと



黒や紺のパンツスーツを脱ぎ、スカートをはいた



ことだそうです。

最初はなんだか気恥ずかしかったそうですよ( *´艸`)

自分が育成している女優さんたちに指導するように、ある意味女らしさを自分にも指導してみたんだそうです。

・・・・といった、



どうしてこういうことをするのか?



という理論的(?)なところを一通り聞いたあと、あとは実践です(笑)



これが私的には超絶すごかった!!!!!





もう、 挫折禁止マーク になってしまったことが何度あったでしょう!!(笑)

もう無理、そんなことマジで、本気で、どう頑張っても絶対できないみたいな。




最初に、こういうワークをします。

というお手本を見せてくださるのですが、これがすでにもう悶絶(; ・`д・´)

今回講座に参加するのは女性だけなのですが、女性相手でももうドキドキしてしまうことハンパない!!!

ウォーキングとかもあるんですが、これがまたモジモジ度が如実に出てしまうようなウォーキングの練習。



どう考えても尋常じゃない感じ(笑)




と思い出すだけでこそばゆくなるんですが、よく見ると結構上手な人がいるんですよ!!
(; ・`д・´)

しかも結構堂々としてて、様になってる!!!



あーーーーーーー、自信を持って堂々とするってこんなに重要なんだ



というのが、目の前で繰り広げられるこの一連のワークを通して私が学んだことの一つです(笑)

そしてこんなことが普通にできてしまう人が私の身近にいたんだ、という事実を知りました。

これはホント、体験をしてみないと駄目なタイプのやつな気がします。

見てるだけなのと、自分が実際にやってみるのって本当に違うんですよ!!!!

また、ペアワークが多かったのですが、これも本当に効果的だと思いました。

ほかの講座でも、ペアワークをしたり、話し合ったりというのは当然あると思うのですが、今回のななさんのは

実際のところ、では


それをされる人がどんな気持ちになるのか?




を体験するというのがすごかったです。その破壊力がまたハンパないんだ。

本当に、全然こびてるとかそういうわけではなく、普通の行動なのですが、ペアの人がちょっとした違いでものすごくかわいく見えるんですよ!!



あ――――これをされる人はこんなドキドキするんだ(/ω\)





という実体験は、今日もしこのワークを忘れてしまったとしても、自分の心に深く刻まれると思います。

なんていうか、今回この講座に参加した人たちの心に、何か自分を変える「ヒントの種」がまかれたんだと感じました。

咲かせる花は人それぞれで、それがまた美しく調和していくのか、自分たちの役不足で不調和を生み出すのかはわかりませんが。

でもどうせ咲かせるのであれば、色とりどりの美しい花が調和をもってあれるよう、自分をその美しさにあうような自分にもっていけたらな、と思います。

そして、講演会終了後、時間がある人で集まっていたお茶会の席に、少し時間があったななさんがいらしてくださいました。ななさんのご登場で、みんなの心がものすごくワクワクして、キラキラしている感じがハンパなかった!!




この新しい恋のような、夏休み前のような、浮足だった感じってなんて楽しいんでしょうね





こういうのって無意識に出るものなので、心が動かされた時のその人の持つキラキラ感というのは結構ダダ洩れなときってないですか?

ハピソの人たちはもうだいぶ心が開いている人も多いので、それを隠さないというのもあると思いますが。

ななさんを囲むみんなの、わくわくしたふわふわな空気がとっても心地よかったです!!

今度また韓国にいらしてくださるということなのですが、その際には今回参加した人が



いいから来てみて!!絶対損はしないから!!



と無理やり(?)友達を誘ってる姿が目に浮かぶようですw

最後になりましたが、



女性性を大切にするということは、女としての技を使いまくって媚びるということではないということ





を実践を通して体に教えてもらえたような気がします。

女性性は男性の中にもありますしね。

あるものをないがしろにする必要はないし

あると知って、それを大切することは、私が今まで社会の中で何となく教えられてきた、口には出さないけどみんなの常識、暗黙の了解、私を制限しているものみたいなのとはちょっと違うんだ。

と考えてもいいんだ、という自分の在り方を考えるきっかけになりました。

本当に楽しい講座ありがとうございました!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まだ、東アジアの情報ばかりですが、いつかはもっとワールドワイドな感じでの情報発信がしていきたい!と夢見てる人が管理人のサイトです。

コメント

コメントする

目次
閉じる